税理士変更.com

優秀な税理士の条件 税理士の選び方

税理士は経営への大切なアドバイザー

税理士を選ぶ際の最大の条件は、経営上重大な決断をする時に正確な情報を迅速に与えてくれることができる人が絶対に必要となるので、それができる人になります。

 

しかし、豊富経験がもたらす情報が必要な場合もありますし、くまなく情報を網羅して整理できることが必要な場合もあります。また、専門的な情報に特化した情報収集ができることが必要な場合もあります。これらは、人的ネットワークのある人しかできないはずです。つまり、コミュニケーション能力が高いことが条件となります。

 

コミュニケーション能力の高い税理士

コミュニケーション能力が高い人とは、愛想が良く誰とでもお付き合いができる人のことではありません。自然と人が寄ってくる人のことです。自然にしているだけで、周囲の人からコミュニケーションを求めてくる人です。

 

それでは何がそうさせているかと言うと、やはり、広範な知識を持っていることが、人を寄せ付ける結果となってくるのです。税理士にもこの条件が必要となります。そうでなければ、あらゆる生の情報を集めることができます。特に広範な知識でも専門性が高ければ、集まってくる人たちも専門家ばかりとなりますので、より高度で重要な生の情報集める能力が高いことを意味します。

 

税理士の高い専門性

税理士には高い専門性か必要であると言うより、高い専門分野を持った人が税理士になるということになります。専門分野をいくつも持っていれば、それだけコミュニケーション能力が高くなります。すなわちそれだけ税理士として質の高い仕事ができるということになります。重大な決断をするときにも冷静で正確な情報を持っていてくれることになります。高い専門分野を持った税理士は質の高い税理士と言う事になります。

 

質の高い税理士

質の高い税理士の質とは、人の資質とは違いますが、結果的には同じような意味になってしまいます。それは、情報の質の高さです。正確で高度で重要な情報を持っているということです。結果として、コミュケーション能力が高くなり人の資質にもつながってきてしまいす。情報の質の高さは、やはり高い専門分野を持っている人にしかできません。この人たちは、高い専門分野の人的ネットワークを築くことができるので、絶えず高度で質の高い情報を維持し続けることができるのです。

 

税理士を選ぶ判断材料

税理士を選ぶ時の条件としていくつかの判断材料があります。専門分野をいくつ持っているか、他の専門分野の人的ネットワークがあるか、常に冷静でいられるか、判断が早くできるか、が条件となります。こういう税理士は質の高い仕事をし、迅速で正確な情報を持っていることになります。経営判断を下す時に貴重な情報を与えてくれます。これとは反対に、愛想が良いとか、友人知人の多さを言ったり、感情的な部分があったりする人は、ふさわしくありません。こういう人は、専門性が低く、情報も正確性を欠いています。こういう人の意見では、重大な決断の時に危うくさせることになってしまいます。

 

しかし、これらはお付き合いをしてみないとなかなか分かりません。まず、初対面で満面の笑みで現れる人は要注意です。しばらく様子を見ましょう。落ち着きがないとか感情的部分が現れるようでしたら、専門性を欠いていると思ってください。「私は何をすればよろしいのでしょうか」などと、言ってしまったら、お断わりの対象者です。

 

自分に合った税理士が一番

以上、税理士の条件を書きましたが、これはあくまで理想的にはと言う事です。こういう人しか求めないとなれば、ほとんどの人が不適格者と言う事になってしまいます。自分がこの税理士といると安心できるなという方が一番なはずです。

関連ページ

税理士変更のメリット・デメリット
顧問税理士を変更する方法、メリット・デメリットについて解説しています。実際に税理士さんを変更した体験談も参考にしてください。
税理士変更はおすすめできるのか?
顧問税理士を変更する方法、メリット・デメリットについて解説しています。実際に税理士さんを変更した体験談も参考にしてください。